MENU

セフレはメリットか、それともデメリットかその極端な性質からわかること

セフレというのは、良いことばかりのように思えます。ただでセックスができて、風俗よりも可愛い子と相手ができる。平凡に生きていれば、そんな機会は滅多にありません。

 

ただ、デメリットもあります。奥さんにばれて離婚なんてこともあり得ます。そうしたセフレのメリットデメリットについて解説していきたいと思います。

 

1.セフレのメリット

セフレはなんといっても、安いのがメリットです。無料です。交際費として少しはかかるかもしれませんが、完璧なセフレになれば、完全無料です。

 

更に、やはりセフレにするくらいですから、それなりの好みのタイプの女の子と定期的にセックスできることになります。格安ソープは60分で2万円。

 

それを時間の際限なくセックスしまくれるのですから、毎日続けていれば、トータルでいえば、年間700万円くらいは儲けているという設定になります。ソープに必死こいて行っている男への優越感が味わえます。

 

また、風俗だと地雷嬢が必ずいます。デブでブスな女と2万円払ってまでセックスしたいと思いますか?セフレのタダマンを頂く方がよっぽど経済的です。

 

また、腕を磨けばとっかえひっかえすることもできるので、沢山のセフレと楽しむことができます。やはり男として価値があるのは女性を抱いた数です。

 

日本はコンドームの文化が根付いているので、性病の危険性もありません。逆にピルが普及しているアメリカやアフリカではエイズなどは非常に多いです。

 

2.セフレのデメリット

セフレの最大のデメリットは結婚している場合の離婚です。今の時代、二人に一人とか三人に一人は離婚している計算になっています。離婚は身近なものになりつつあるのです。

 

そんな離婚ですが、離婚要素が大きいほど慰謝料や教育費などが増えていきます。その最たるもが、浮気です。「浮気とセフレは違う」そんなことを裁判所で言ったらどうでしょうか?「こいつ、ふざけているんじゃないか」と思われるのが節です。

 

そのため、慎重にセフレと付き合う必要があります。スマホ―トフォンなどは絶対にロックしておいてください。そして、誕生日などから割り出せないようにしておいてください。

 

以上、セフレのメリットデメリットでした。良いこともあれば、悪いこともある。それが世の中の心理です。しかし、セフレを真剣に求めれば、色々な人とも付き合えますし、快楽に陥ることもできます。人生楽しいかどうかで見れば、セフレを手に入れることをおすすめします。

 

セフレ見つけ方の極意とは?セフレを手軽にゲットできる出会い系サイト!

このページの先頭へ