MENU

セフレをどうにかして作りたいけど作り方がわからない人へ。私はわかっていますよ。

男としてセフレを作りたいと思うのは当然ではないでしょうか?風俗だとお金がかかりますし、地雷嬢を引いたらとんでもないデブスとセックスしなければいけません。それはもう罰ゲームです。お金を払ってまで罰ゲームはしたくありませんよね。

 

そこで男が求めるのは、安定したレベルの女の子と定期的にセックスできるヤリマンのセフレです。奥さんだけだと飽きてきますし、奥さんは一定以上経つと女というより、子供を守る母になってしまうのです。

 

1.セフレの作り方

どんな凄いナンパ師でも、「ねえ、セフレになってくれない?」なんて声をかけたら、1万人以上に声をかけても1人もゲットできないでしょう。セフレを作る一番手っ取り早い方法は、ヤリマンに声をかけることです。

 

そうしたビッチを見つければ、『疑似恋愛』という形からセフレという関係に持って行けます。金銭関係が発生するような関係ならば、SNSやアプリや出会い系などで簡単に見つけて、「この値段でどう?」と交渉すればいいだけです。ただ、これだと美人局に遭う確率もあります。

 

また、普通に日本国内では売春は禁じられているので犯罪です。ソープは認められているのに、個人間は何で駄目?というような疑問もありますが、そうなっているものは仕方ありません。犯罪は絶対に駄目です。

 

2.あくまでも恋愛として

最初は恋愛として入った方がいいでしょう。そして、普通のセフレの作り方としては、まずストリートナンパでも職場でもクラブでもなんでも良くて、相手を見つけて、恋愛に持っていきます。

 

この際、相手に彼氏や旦那がいるからといって諦めてはいけません。彼氏や旦那はゴール地点です。そして、ゴールするまでの遊びがセフレです。まずは猛アタックして、「彼氏旦那がいても俺は君が好きだ」と意思表現をすることです。

 

そうなると女性というのは、不思議なもので、自分の好意を持っていて、相手がそれなりのレベルにいるのならば、浮気をしてしまうものです。その浮気を段々と罪悪感を失くすために、セフレという関係に持っていくのです。

 

偶にご飯を食べに行ったり、デートも行ったりするけれど、基本はセックスだけの関係。それは粘り強さです。そして、声をかける数ですね。

 

心の底からセフレを求め、声をかけまくり、声をかけ続ければセフレをゲットできるチャンスは必ず訪れます。諦めずに粘る。とにかく、相手を笑わす。そうした些細なことの積み重ねがセフレを作るのです。

 

セフレ見つけ方の極意とは?セフレを手軽にゲットできる出会い系サイト!

このページの先頭へ