MENU

架空請求で困っているんだけど、10万円なんて払えない。でも払う必要はないよ

出会い系サイトにはまっていると、架空請求が来ることもあります。有名な出会い系サイトに入って、そこから色んな出会い系サイトに手を出して、それからそうした如何わしいサイトに入ってしまうことがあります。

 

また、悪質な出会い系に登録した際、そのデータが詐欺グループに渡る可能性もあるのです。その情報から架空請求を行うのです。

 

1.クリック架空詐欺

インターネットリテラシーが身に着いた今ではだいぶ減りましたが、昔はかなり流行っていました。クリックしたら、いきなり、

 

「登録が完了しました。使用料10万円払ってください」

 

というような文面が出てくるわけですね。そういうパターンは無視に限ります。むしろ、サイトを使い切って無視しても大丈夫です。登録の契約をしていないのですから、好きにできます。

 

そうしたものは出会い系サイトに多いです。出会い系サイトに登録して、「さあ、頑張ろう」というところで、先ほどのような文面が出てくるのですね。

 

2.出会い系の架空詐欺

出会い系サイトでの使用量を笠間資する架空請求ですね。例えば1万円分だけを使ったとしても、請求するのは10万円というようなパターンです。有料系の出会い系を使っていると、自分がどれだけのお金を払っているのかわからなくなってきます。

 

そうした中で、架空請求をして、偽造する必要があるのです。これは無視することはできません。特にクレジットカードを使っていれば、逃げ切れません。

 

ただ、裁判になったら確実勝てるので、放置しておけばいいでしょう。逆に告訴を起こして被害弁済をもらうこともできます。

 

3.無差別の架空請求。

これは、出会い系サイトを使っている人の情報を集めて、無差別に架空請求のメールを送りまくるというものですね。今ではこのパターンが一番多いでしょう。

 

この場合も、不安になることはありません。どんなサイトを使っていても、架空請求で送ってくるような大金は必要ありません。いきなりそんな値段を突きつけられたら、怖いと思うのは仕方ありません。

 

4.架空請求を見たら警察に

架空請求は、おれおれ詐欺と似たような狡い犯罪です。そうした犯罪を見逃していってはいけません。自分を守ってくれるというより、架空請求で儲けている悪人を捕まえなければいけません。

 

警察は情報があれば動きます。サイバー犯罪科というところもあります。まず、無視をすること。暇があれば警察に連絡すること。もう支払ってしまえば、裁判を起こすことも必要です。

 

セフレ見つけ方の極意とは?セフレを手軽にゲットできる出会い系サイト!

このページの先頭へ