MENU

インターネットで何処までできるのか。セフレ出会い系について徹底調査

出会い系というのはだいぶ廃れてきた感じがあります。昔は、出会いといえば、出会い系が定番だと思っていました。しかし、インターネットが市民権を獲得していく内にその構図は変わってきました。

 

オタクを散々馬鹿にしてきたマスコミが逆襲されて視聴率がどんどん下がっているのは、非常に痛快ですね。さて、そんなインターネットですが、何処までセフレを獲得していけるのか、検証してみたいと思います。

 

1.SNSの出会い

これは見込みが薄いです。とは言っても、mixiでの話です。あそこはネットワークビジネスの巣窟です。あまり関わらない方がいいでしょう。

 

しかし、ツイッター、ファイスブックを使えば、出会いは幾らでもできます。ツイッターは無限にフォロワーを増やせますし、フェイスブックでは近所の人たち、同級生など様々な人と付き合いができます。

 

過去の好きな人をものにできるチャンスですね。昔、好きだった子と付き合いたい。そんな欲望は誰でも持っているものです。しかし、フェイスブックがない時代ではそれは不可能でした。

 

それでも今はできます。好きだった人をセフレにしてしまうことができるのです。

 

2.強みを持っている人はモテる

例えば、サーフィンが趣味な男がいるとします。そうした人は、

 

「サーフィン教えてあげよっか?」

 

という感じで、自然と誘いをすることができます。また、多趣味の人はそれだけ多くの人と付き合えるということであり、様々な世界を体験できます。

 

趣味がない人間は面白みがないと言われていますが、全くその通りです。女性も趣味を教えてもらえるのならば、喰いつきます。

 

3.出会い系サイトもまだ健全

手っ取り早く、セフレを手に入れたいという人は出会い系サイトです。出会い系サイトは偽物ばかりというイメージですが、良いサイトも存在します。女性は出会いが欲しい時に、気軽に出会い系に登録します。

 

そして、その出会いというのは、「寂しい」という気持ちの表れですので、サクラや登録放置などの人物もいますが、その人にさえ出会えればこちらのものです。ちょっと気に効いた言葉を言うだけで、ほいほいとついてきます。

 

実際に私の周りにも出会い系で知り合って同棲したいという人もいます。正直、宿がなくて出会い系を使う人もいるくらいです。

 

セフレにするのにはそんなに時間はかかりません。宿がない女性というのは、生活基盤がしっかりしていないということで、多くはただのビッチです。

 

セフレ見つけ方の極意とは?セフレを手軽にゲットできる出会い系サイト!

このページの先頭へ