MENU

セフレになってくれる人の生息地は何処かなー、なんて思っている人に朗報です

社会人になってから出会いがない。そんな人も多いのではないでしょうか?学生時代にセフレを手に入れてその関係を続けているなんて人は稀でしょう。

 

では、セフレは何処に生息しているのか。何処にどうやって行けばセフレを見つけ出せるのか。

 

それは情報格差が大きく生まれるところです。わからない人は永久にわからないでしょうし、わかる人は直ぐにわかります。

 

1.リアル生息地

現実的な場所でいえば、

  • クラブ
  • 駅周辺
  • 職場
  • お客や取引先

などで声をかけるのがいいでしょう。意外に穴場なのが、職場です。昔は考えられなかったことですが、男女雇用均等法によって、女性の社会進出が半ば強制されるようになりました。

 

そのお蔭で人妻が職場で活躍することが多くなっているのです。働いている人妻というのは狙い目です。何故ならば、疲れた体に鞭を打って、家事も熟さなくてはならず、精神的に追い詰められていることが多いからです。

 

そのため、癒しを求めています。本気でセフレを見つけるために生きるというのならば、看護師、コールセンター、携帯ショップの店員、介護士などの女性主体の職場を選んでみてください。

 

そして、そういう職場は手に職がつけられる業種でもあるので、セフレになりそうな人がいなければ、もしくはセフレにしようとして問題になれば、直ぐに辞めて違う職場に乗り移れます。

 

2.インターネット生息地

インターネットはスマートフォンの普及によって、かなり身近なものになりました。
身近になったということはそれだけ多くのセフレ候補のビッチがインターネットにいるということになります。

 

知り合いでコスプレが趣味の人がいるのですが、コスプレ会場に出向いてコスプレをしている人の写真を撮り、ツイッターでアップしてから、そこから返信して仲良くなるという人もいました。

 

そうしたインターネットの出会いというのはセフレになりやすいです。場の雰囲気でセックスに持ち込んでしまうため、彼氏がいても、セックスをしてしまい、それでセフレという立ち位置で妥協しようということで収まります。

 

また、フェイスブックは出会いの定番ですよね。昔の知り合いと簡単にコンタクトが取れるため、

 

「やあ、久しぶり。元気?」

 

と、声をかけて、それからセフレになることもできます。特に『結婚しました』なんて報告を見れば、旦那の愚痴を聞いてあげて、そのままベッドインなんてこともありえます。

 

セフレの見つけ方は様々です。自分の得意分野で攻めにいきましょう。

 

セフレ見つけ方の極意とは?セフレを手軽にゲットできる出会い系サイト!

このページの先頭へ